ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ここ最近になって、テレビのコメンテーターや雑誌の家計相談などで、
ファイナンシャルプランナー(FP)が活躍するようになったため、名前は聞いたことがある、という人は多いと思います。
しかし、まだその認知度は低く、一般的には、ファイナンシャルプランナー(FP)という資格はどのような内容で、どのような仕事をするのかということは、あまり知られていません。そこで、ここでは、ファイナンシャルプランナー(FP)について、詳しく説明していきたいと思います。

<ファイナンシャルプランナー(FP)とは・・・・・・>

依頼者の収入、支出、資産といったデータを収集し分析した上で、
トータルなライフプランを提案
さらに、依頼者の要望や目標が達成できるように、必要に応じて弁護士や
税理士の協力も得ながら貯蓄、保険、投資、税金対策といった資産設計を提案し、実行できるように手助けする専門家なのです。

ということから、ファイナンシャルプランナー(FP)は保険から年金、不動産、
投資信託、相続まで、お金にまつわる幅広い知識がなければいけません。

そして、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事形態は、【企業系】と【独立系】の2つ分かれます。
【企業系】とは・・・保険会社・銀行・証券会社などの金融系企業に勤務し、自社製品の販売をするファイナンシャルプランナー(FP)のこと。
【独立系】とは・・・特定の企業に勤務せず、私のような「ファイナンシャル
プランナー(FP)会社」や各社の保険商品を扱う「保険代理店」、さらに他の
資格(税理士や行政書士など)と組み合わせて開業するケースもあります。そしてその多くは、企業に勤めた後に、独立開業するというのが一般的です。

どちらの道を選ぶかは、アナタ次第。ファイナンシャルプランナー(FP)は企業に勤めても、独立しても、どちらにしても活躍できる資格なのです。