ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は2種類

はじめに知っておいて欲しいのが、ファイナンシャルプランナー(FP)の
資格は2種類あるということ。
学科試験は共通ですが、認定する機関が異なります。

<2級FP技能士(国家資格)>

2級FP技能士は、国が認めたFP技能士。
1級~3級まであり、一般的にファイナンシャルプランナー(FP)として仕事をするのであれば、2級以上が必要になります。
この資格を取得するためには、どの講座を受講しても、また独学で学習してもかまいません。学科試験と実技試験に合格すれば取得できます。
ただし、2級FP技能士試験には、受検資格があり、

  • 実務経験が2年以上のもの
  • 3級FP技能士の資格を有するもの

のどちらかに当てはまらないと、受検することができません。

<AFP資格(民間資格)>

日本FP協会が認めた民間資格。
日本FP協会が認定する機関でAFP認定研修を受講・修了し、
出席要件を満たして、提案書の課題を提出後、学科試験と実技試験に合格すれば取得できます

さらにはAFP資格の上級資格として、CFP資格(世界基準のライセンス)が
あります。
※AFP認定機関⇒ 大手の資格スクールや通信講座はほぼ認定されています。
私が受講した「フォーサイト」でも学ぶことが可能です。

2級FP技能士は、国家資格ですが、現在の多くの人はAFP資格を取得しています。その理由は
★AFP資格を取得すると、2級FP技能士とAFP資格の2つの資格が同時に
取得できる
★CFP資格は、AFP資格がないと受検できません
★CFP資格を取得すると簡単な実技試験のみで1級技能士資格が取得できますということから、AFP資格を取得した方が断然有利!となるわけです。 ちなみに、私もこのAFP資格を取得したので、このサイトもAFP資格をもとにしています。