通信講座の悩み解消法

とはいえ、「通信講座は、なんだか不安で・・・」と思う人たちがいるのも
確かです。
資格スクールなどのいわゆる“通学派”は、学校に行って勉強しなければならないという、強制力があるのですが、それに比べて“通信派”は、学習スケジュールを立てることから、すべて自分自身でやらなくてはいけません。そこで「通信講座でよくある悩み」をもとに、その解消法を考えていきましょう。

【ケースⅠ】

「はじめは張り切って通信講座を申し込んだが、半年経った今も、
まだ教材の袋さえ開けていない」

「え?本当に?」と思われがちですが、意外にこれはよくあるケースです。
ですからよくインターネットのオークションで、通信講座の教材が売られて
いるのです。
この場合は「自分の目標が定まっていない」というのが大きな原因なので、
●なぜ、この資格を取得しようと思ったのか
●自分が目標とするゴール(試験日)はいつなのか

という2つを明確にすることが重要です。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、遊び半分で合格できるような試験では
ありません。今一度、「自分の目標はなにか」ということを考えてください。
それでも答えが出ないのであれば、オークションに売り飛ばすか、また、
読書代わりに、気軽にテキストを読んで見ることも手です。

ちなみに、目標を達成するための方法として、一般的には
「成功をイメージすると良い」ということがよくいわれていますが、
実はこれ、科学的には効果はありません。
「自分の目標を周りの人に話す」
「明確で細かな学習計画を立てる」
「小さな目標を達成するたびに自分にご褒美を出す」

以上の方法が目標達成に役立つのです。
一度、やってみてはいがかがですか?

【ケースⅡ】

「自宅での学習はヤル気が薄れ、ストレスが溜まります」

いくら明確な目標があったとしても、自宅での勉強はマンネリ化してしまい、
ストレスが溜まってしまいます。マンネリ化防止対策としては・・・
●勉強する場所を変えてみる⇒ カフェやファミレスなど
●勉強方法を変えてみる⇒ テキストに飽きたらDVD学習

周りがガヤガヤしているほうが、意外と勉強に集中できるものです。
勉強法を変えて、おいしいご飯を食べ、そしてお茶を飲みながらリラックス
して勉強するのも良いでしょう。

また、ストレス発散方法として一番効果があるのは「いいことを探すこと」。
ストレスが溜まった原因を考え、次にその体験から得たプラスの事柄について考えるだけで、ストレスが抑制されるのです。大声を出したり、
サンドバックを叩くようなことは、逆効果なのでご注意を。

【ケースⅢ】

「通信講座は途中で挫折してしまう」

これもよくあるケースです。まず、目標を再確認することが重要。そして次に、
●誘惑因子を減らす(飲み会・デート・ギャンブル・ゲームなど)
●家族や会社の同僚など周りの人にサポートしてもらう
●どうしても嫌なときは、思い切って1日休む

ということをやってみてはいかがでしょうか。
試験日までモチベーションを保つことは、案外難しいものです。
たまには思い切って気晴らしをするのも良いでしょう。